水性植物発芽防止剤 ザ・フィッシュガード®

商品詳細

水性植物発芽防止剤 ザ・フィッシュガード®

商品画像

商品説明

水性植物発芽前に食品添加物であるザ・フィッシュガードを散布すると水性植物の発芽を防止します。

出荷単位

規格

主成分:酸化マグネシウム

※商品名と出荷単位は一例です。
お問い合わせの際にご説明させて頂きます。

詳細説明

【特徴】

主成分の参加マグネシウムは、海水中のマグネシウムと厳選した生石灰を原料とし製造された水酸化マグネシウムを精製・濃縮・脱水し、更に高温で仮焼きし製造した高純度品です。有害物質を含まず、安全性が認められています。

【仕組み】

ザ・フィッシュガードは速やかに水に溶解し、底泥を尺アルカリ性に変質させると共に、溶解したマグネシウムイオンはリン吸着機能により植物の増殖を抑制し、pH調整作用により底質で硫化水素発生防止・生物硝化・脱膣反応促進により、窒素溶出抑制を可能にします。

また、水生植物の水中根の量が減少する事から、水中根が先に発達する特定外来生物ナガエツルノゲイトウオオバナミズキンバイの蔓延を未然に防げる可能性があります。生物ホルモンの生合成に密接の関連しているとされる重金属の亜鉛・マンガン・鉄は植物に成長や代謝にとって必須と言われており、これらの元素を減少させるザ・フィッシュガードの作用が水性植物抑制の原因となっています。

※ザ・フィッシュガード散布区域は1年後水草ヒシの発芽を抑制

【用法】

河川・湖沼・ため池等の水性植物発生場所に散布すると、発生を抑制します。

使用量の目安は1㎡あたり数百グラムから数キログラムです。※汚れ具合により異なります。

※ザ・フィッシュガード散布の様子